[Logicool G600]FF14の推奨マウスとおすすめの設定方法を紹介します!

スポンサーリンク
ゲーム

こんにちは。Nine009です。

皆さんは普段どんなマウスを使っていますか?

この記事では私が実際にFF14をプレイする際に使用しているマウスLogicoolのG600について使用感やおすすめの設定について紹介していきます。

これからFF14を始める方やおすすめのマウスを探している方はぜひ今後の参考にして頂けたら幸いです。

それでは、行ってみましょう!

G600ってどんなマウスなの?

まずはFF14推奨マウスG600について紹介します。

G600とはLogicoolが販売しているMMOに特化したゲーミングマウスです。MMOに特化している理由として他のマウスよりも圧倒的にボタンが多いのがこのマウスの特徴になります。

マウスのサイドボタンを合わせると20個のボタンがあり、専用ソフトを使って様々なボタンを割り当てて使うことが可能になります。スキルやマクロをたくさん使うFF14では特に重宝します!

実際の使用感

マウスの仕様

普通のマウスに比べると大きくて重いです。

一見、これはデメリットのように聞こえますがこのマウスは違います。大きいことで手のひらを置いて包み込むように操作するので長時間ゲームしていても全然疲れません。またしっかりとした重量感がある為、安定した操作が可能になります。

操作感

私はFF14の為にこのG600を購入しましたが、ほんとに購入してよかったと思うほど操作が快適になりました。

快適になった要因はやはりこのボタンの多さです。

始めは戸惑うかもしれませんが慣れると手放せないくらいの使い心地の良さです。FF14だとHUDレイアウトをカスタマイズすればボタンに対応しているスキルがすぐにわかるので快適になります。

おすすめの設定方法

それではFF14をプレイする上で私が実際に使っているおすすめの設定方法について紹介します。デフォルトでも使用できますがこの設定をすれば操作が格段に快適になるので試してみてください。

敵のターゲット

敵をターゲットにするときはマウスホイールの左右押し倒しでターゲット出来るように設定しましょう。マウスを敵にクリックでもターゲット出来ますがマウスホイールでターゲット出来るとものすごい楽です。

手順1:G600の専用ソフトからマウスホイールの左右を好きなキーに登録しよう!

手順2:FF14で「Escキー」をキーバインド変更をクリック

手順3:「ターゲット」タブから順送り、逆送りをそれぞれマウスホイールの左右に設定

これでマウスホイールの左右に押し倒すだけで敵をターゲットすることが出来ます。

マウスホイールを倒せば↓

特にタンクやヒーラーなどターゲットを頻繁に行う方は便利なので設定しておきましょう。

側面12ボタンとホットバーの配置を統一する

G600の側面ボタンは3×4という配置になっています。FF14でのホットバーの配置も合わせて3×4にすることでどのボタンを押せばどのスキルが発動するのか直観的に操作できるのでわかりやすいです。

手順1:G600の専用ソフトから側面ボタンに好きなキーに登録しよう!

手順2:FF14で「Escキー」をキーバインド変更をクリック

手順3:「ホットバー」タブからホットバー1:スロット1~12を設定
手順4:FF14で「Escキー」をHUDレイアウト変更をクリック
手順5:HUDレイアウトのホットバー1で「個別HUD設定」をクリック
手順6:個別HUD設定でホットバーの3×4にチェックを入れます
これで配置を統一することが出来ます。
リキャストなども配置が統一されているとわかりやすいので非常に便利です。

Gシフトキー

G600には「Gシフトキー」というのが存在しています。これはいわゆる拡張キーでGシフトキーを押すと設定したキーが別のキーとして入力される機能になります。ですがこれは逆にボタンが多くなり過ぎて混乱してしまうので排除することをおすすめします。

デフォルトでは右クリックの場所にGシフトキーが配置されているので専用ソフトから好きな別のキーに変更しておきましょう!おすすめは右クリックに設定しておくと便利になります。

まとめ

簡単ではありますがLogicoolのG600について紹介しました。ボタンが多すぎて戸惑う方もいらっしゃると思いますがすぐに慣れるので大丈夫です。FF14をプレイするならぜひ一度購入して試していただきたいと思います。ほんとに世界が変わるくらい便利で快適になりますよ!

マウス選びでお困りの方にこの記事が参考になれば幸いです。それでは、よいFF14ライフを~!

こちらはFF14で快適だったキーボード、ウルトラワイドモニターについて紹介していますので良ければどうぞ

コメント