[初心者向けまとめ]自作PC入門講座その③メモリ・マザーボードはどう決めるの?

スポンサーリンク
PC

こんにちは。Nine009です。

この記事では

  • PCを自作したいけど、どうやってパーツを決めればいいの?
  • おすすめのパーツってあるの?
  • ゲームが快適にプレイできるパーツ構成を教えて

という疑問を持った方向けのの記事になります。

解説をはじめる前に・・・

前回はパーツ選びには順番があるよ!ということでまずCPU・GPUについて解説しました。

  1. CPUとGPU(グラフィックボード)
  2. メモリ
  3. ストレージ(SSD・ハードディスク)
  4. マザーボード
  5. CPUクーラー
  6. 電源ユニット
  7. PCケース
  8. OS

今回はその続きで

FF14を快適にプレイできるパーツ構成のメモリから解説しますのでまだ前回の記事を読んでないよって方はこちらを参考にしてください。

[初心者向けまとめ]自作PC入門講座その②CPU・GPUはどう決めるの?
こんにちは。Nine009です。 この記事では PCを自作したいけど、どうやってパーツを決めればいいの? おすすめのパーツってあるの? ゲームが快適にプレイできるパーツ構成を教えて という疑問を持った方向け...
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7, Windows 8.1, Windows 10(各64ビット)
CPUIntel Core i5 2.4GHz以上Intel Core i7 3GHz以上
メモリ4GB以上8GB以上
ストレージ60GB以上
グラフィックカードNVIDIA Geforce GTX750以上
AMD Radeon R7 260X 以上
NVIDIA Geforce GTX970以上
AMD Radeon RX 480 以上
DirectX11
解像度 1280×7201920×1080
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 公式サイトです。

それでは始めましょう!

メモリ

メモリはパソコン上で使っている機能を快適に動かす為のパーツです。CPUによってデュアル(2枚挿し)・クアッド(4枚挿し)が決められてますのでCPUを確認しましょう。

ゲーム目的なら16GBがおすすめ

メモリは同じメーカーの同じメモリを複数枚挿すのが一般的です。FF14推奨スペックでは8GBとなってますがゲームしながらググったりしてるとすぐに8GB程度消費しますので8GB×2枚の16GBをおすすめします。

様々なメーカーから出てますが売れ筋上位のメモリを買っておけば問題ありません。

ストレージ

パソコンのデータを保存するパーツでHDD(ハードディスク)・SSDなどがあります。HDDは安く大容量なのですがSSDの方が処理速度が速いので今の時代だとSSDは必要不可欠です。

SSDの500GBがおすすめ

SSDにすることでゲームの読み込みが速くなるのでおすすめです。FF14の推奨容量は60GB以上なので250GBでもいいのですがそこまで価格に差がありませんので500GBを選ぶのがいいと思います。

容量が足りなくなったら後で増設できるのも自作PCのメリットですね!最近だとSSDよりもさらに性能がいい[SSD M.2]というのもあります。SSDよりも価格も上なので予算に余裕のある人はSSD M.2に挑戦してみるのもいいかもしれません。

ここで一度パーツ構成を見直そう!

ここまでくるとほぼパソコンの性能が決まっています。自分の予算と目的に合った性能なのか一度見直してから次のマザーボードを選びましょう!

マザーボード

マザーボードはCPUの規格に合わせて選びます。すべてのマザーボードがすべてのCPUを搭載できるわけでは無いので注意が必要です。

まずはCPUがIntelかAMDどっちなのか確認しよう!

マザーボードにCPUを搭載する場所の形状を「ソケット」といいます。このソケットがIntelとAMDで違いますので自分が選んだCPUを確認しましょう。

現行のCPUとマザーボードを選ぶならIntelはLGA1151、AMDはAM4です。古いものを選んだ場合は別途調べる必要があるので初心者の方は注意しましょう。

マザーボードの大きさを決めよう!

マザーボードのサイズには大きく分けてATXMicro ATXMini ITXの3つがあります。ATXが一番大きく拡張性があり、Mini ITXが一番小さく拡張性はありません。

ATXのマザーボードがおすすめ

ATXは拡張性がありますし種類も豊富なので最初の自作PCにおすすめです。ですが小さい小型のPCケースには搭載することが出来ませんのでどうしても小型PCにこだわりがある人はMini ITXを選ぶようにしてください。

初心者の方はマニュアルが日本語対応している製品をおすすめします。

まとめ

マザーボードの選択まで終わればパソコンの性能はもう9割ほど決まっています。あとは今までのパーツを入れたりするPCケースだったり、冷却したりするファンなどを決めるのみとなります。

次回の記事で残りパーツの選び方を解説した後、FF14を快適にプレイできるPCを組んだら一体いくらぐらいになるのか紹介したいと思いますのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

コメント