[初心者向けまとめ]自作PC入門講座その④CPUクーラー・電源・PCケースの選び方

スポンサーリンク
PC

こんにちは。Nine009です。

この記事では

  • PCを自作したいけど、どうやってパーツを決めればいいの?
  • おすすめのパーツってあるの・
  • ゲームが快適にプレイできるパーツ構成を教えて

という疑問を持った方向けの記事になります。

前回までのおさらい

前回までは、パソコンの性能を決める重要な部分を解説してきました。まだ読んでないよって方はぜひこちらから参考にしてください。

CPU・GPU編

[初心者向けまとめ]自作PC入門講座その②CPU・GPUはどう決めるの?
こんにちは。Nine009です。 この記事では PCを自作したいけど、どうやってパーツを決めればいいの? おすすめのパーツってあるの? ゲームが快適にプレイできるパーツ構成を教えて という疑問を持った方向け...

メモリ・ストレージ・マザーボード編

[初心者向けまとめ]自作PC入門講座その③メモリ・マザーボードはどう決めるの?
こんにちは。Nine009です。 この記事では PCを自作したいけど、どうやってパーツを決めればいいの? おすすめのパーツってあるの? ゲームが快適にプレイできるパーツ構成を教えて という疑問を持った方向け...
  1. CPUとGPU(グラフィックボード)
  2. メモリ
  3. ストレージ(SSD・ハードディスク)
  4. マザーボード
  5. CPUクーラー
  6. 電源ユニット
  7. PCケース
  8. OS
今回はパーツ選びの最後の部分であるCPUクーラー、電源ユニット、PCケース、OSの選び方を解説していきます。パーツ構成の例としてFF14が快適にプレイできるPCを組んだら一体いくらになるのか紹介したいと思います。
結論から言うとBTOショップより自作PCがめちゃくちゃ安かったです。
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7, Windows 8.1, Windows 10(各64ビット)
CPUIntel Core i5 2.4GHz以上Intel Core i7 3GHz以上
メモリ4GB以上8GB以上
ストレージ60GB以上
グラフィックカードNVIDIA Geforce GTX750以上
AMD Radeon R7 260X 以上
NVIDIA Geforce GTX970以上
AMD Radeon RX 480 以上
DirectX11
解像度 1280×7201920×1080
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 公式サイトです。

それでは始めましょう!

CPUクーラー

CPUは起動中、負荷がかかると高温になります。発熱が原因での熱暴走を防ぐ為にCPUクーラーが必要になります。CPUクーラーには空冷式簡易水冷式の2種類があります。それぞれの違いを見てみましょう!

空冷式

空冷式は名前のとおり、ファンによる風を利用してCPUを冷やします。動作の安定性・耐久性に優れていますし比較的安価なのでコスパ重視の方は空冷式がおすすめですね!

簡易水冷式

空冷とは違い冷却水を循環させてCPUを冷却するのが簡易水冷式の特徴になります。価格は空冷式よりも約3倍近く高くなるのですが空冷式よりも冷却性能が高いのでCPUに負荷がかかりやすい作業を行う方は簡易水冷式がおすすめになります。

※簡易水冷とは別に[本格水冷]があるのですがこれは自作PC上級者でないと出来ませんので初めての方は空冷か簡易水冷のどちらかを選びましょう!

ゲームメインなら空冷式がおすすめ!

ゲームはCPUがそこまで発熱しませんのでコスパのいい空冷式で十分だと思います。空冷式は4000円程度で購入出来ますので浮いた予算をGPUなど他のパーツに回すのがベストですね!

電源ユニット

ここまで決まったパーツによって必要な電源容量が変わってきます。でもどのくらい必要なのかわかりませんよね?そこで役に立つのがドスパラのサイトです。決めたパーツを入力するだけで必要なワット数を計算してくれます。

電源容量計算(電源電卓)電源の選び方|ドスパラ通販【公式】
電源容量計算(電源電卓)電源の選び方 BTOパソコンの通販ならドスパラ【公式サイト】をご利用ください!BTOパソコンを中心としたカスタマイズパソコンの通販サイトです。パソコンショップも全国展開中!!
ここで注意すべき点は計算した必要ワット数の2倍を目安に電源を購入しましょう!例えば、必要ワット数が350Wだった場合は700W以上の電源にしましょう。
あと電源にはランクがあります。
これは電源の変換効率によってランク分けされており、BRONZEから上位のTITANIUMへ行くほど電源効率が良くなります。特に電源の効率なんてよくわからないよって方はBRONZEで全然構いません。よく一般的に普及しているものはBRONZEを多く搭載してます。予算に余裕がある方は上位ランクの電源にしましょう。

PCケース

いよいよ今までのパーツを入れるPCケースですね!PCケースは自作PCの見た目がガラリと変わるのでカッコよくしたい方はこだわりましょう。価格もピンキリで3000円代~数万円するものまであるので迷う方もいるかと思います。PCケースを選ぶポイントを見てみましょう。

マザーボードの大きさで選ぶ

マザーボードがATXだった場合、コンパクトな小型のPCケースには入りません。まずは自分が選んだマザーボードの大きさを確認しましょう。

グラフィックボードの大きさで選ぶ

グラフィックボードによってはファンが3つ付いているものがあり、ごくまれにPCケースに入らないなんてこともあります。グラフィックボードのサイズを確認してみましょう。

OS

自作PCパーツの最後はOSです。パソコンに詳しくない方は「OS?って何?」という方もおられると思います。OSというのはパソコンの基本的なソフトで有名なのはWindowsですね!無料のOSもあるのですがゲームなどが正常に動作しないなどの不具合が出る可能性があるのでWindows10を購入すれば間違いありません。

FF14がプレイできるPCを組むといくらかかるの?

これですべての自作PCパーツが揃いました。あとはプラスドライバー1本あれば組むことが出来ます。ここで気になるのはゲームが出来るPCは総額いくらなの?ってことですよね。FF14を例に金額を出してみます。

パーツ製品名金額
CPUIntel Core-i5-9400F17418
GPUZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER25980
メモリCMK8GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 4GB 2枚組]5055
ストレージUltimate SU650 ASU650SS-480GT-R6798
マザーボードmsi Z390-A PRO11518
CPUクーラーサイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II3882
電源ユニットオウルテック 80PLUS BRONZE 500W5310
PCケースVersa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-014378
OSMicrosoft Windows 10 Home13280
総額93619円

※2020年4月時点

BTOショップより自作PCが約4~6万円安い!!!

FF14がプレイできるパーツ構成で約9万円でした。BTOショップでゲーム推奨PCは13~15万円ほどするので自作の方がめちゃくちゃコスパいいですよね。もっと削りたい方は一部パーツを中古で手に入れたり、逆に予算に余裕がある方はGPUをもっと高性能なものに変えたりいろいろカスタマイズできます。

まとめ

自作パーツの選び方と実際にFF14がプレイできるPCを組んだらいくらになるのか?を紹介してきました。パーツ選びは自作PCを始める上で1番重要で楽しいです。自作は初心者の方でも出来ますので1人でも多くの方がこの記事を読んで興味を持っていただけたら幸いです。

ではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント